ゆにわ流メールマガジン

お名前
メールアドレス

ゆにわ流ライフスタイルを日常で実践する秘訣をお届けします。

『ホナガと千原のヤギさんラジオ』第70回に開運料理人ちこが出演!収録音声ダウンロードはこちら

人気の記事

最新の記事

立春に誓いを立てよう。

2016.01.26

もう一月も終わりですね。

 

私自身としましては、二月に入るのが待ち遠しいところもあります。

そう、旧暦でいう新年を迎えれるからです。

この新年を迎えてこそ、本当の年明け・・・なんですよね。

 

17-036

 

 

二月四日ごろは、立春にあたります。

 

立春は、季節の年中行事の中でも、特別な日!

 

なぜなら、二十四節気(太陽と月の動きを基本にした太陰太陽暦)で、

一年を二十四に分けた最初。

 

すなわち、旧暦の元旦、一年のスタートになる日だからです。

 

旧暦は、自然の”気”の流れに対応しているので、

 

新暦よりも、精神、気持ち、感情に影響を与えやすい季節のサイクルなのです。

 

 

物事のすべては、「はじまり」が大事。

 

はじまりが、すべてを決定づけます。

(詳しくは、開運ごはんにて。)

 

 

私は立春になると、(正確には、その前から徐々に意識しています・・・。)

心をクリアにし、新たな一年の良いイメージを持ちながら誓いを立てます。

 

21-129

 

 

「本年も一年間、神様の御用にお使いください」とお祈りしたあと、

ごはんを食べる人の幸せな顔を思い浮かべます。

 

そして、この一年間で何を成し遂げたいのか、

どんな自分に成長したいのか、周りにどんな貢献ができるのかを(今)できうる限り、感じつくしておくのです。

(後日、色々と考えが出てくることがあっても、とにかく、はじまりが大事なので、

この日にどういうことを考えたり、感じておくのかが重要)

 

誘惑に負けてしまう弱い心、将来への漠然とした不安、変化への恐怖心などの心中の魔(ま)を滅し

 

悟性と理性のバランスをとって、まめまめしく働くスタートを切るのが立春なのです。

 

 

 

というわけで、

新年を迎える上で、パワーの源である、年越しそばならぬ、

年越し!ゆにわの開運恵方巻を作って、食べて、

良き一年のはじめを切りたいと思い、備えています。

02-015

 

節気ごとの食べ物など、

深く気にしたことがない方も気を向けて過ごしてみるだけでも、入ってくるものが違いますよ。^^

 

より理解しながら、季節のこうした行事に関わってみるともっともっと違いますけどね。^^

 

(その関わり方を食事から!と提案している本が

”神様とつながる 開運ごはん”http://gojigen.net/SHOP/kaiunngohan.htmlというわけ。)

 

関わり方もなんとなく閉ざしたまま、ではなく、

 

 

より自分に素直で、そう、開いた状態で、ね。

 

 

******

 

ゆにわの開運恵方巻きの詳しいことはこちらから^^

http://ameblo.jp/ticowasao82000/entry-12120646019.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Tico

ちこ/開運料理人

御食事ゆにわ店長。
17歳で人生の師と出会い、開眼。
「食を変えると人生が変わる」ことを会得し、「声なき声を聞き、香りなき香りを聞く」ゆにわ流を伝授される。
大阪府枚方市樟葉に「御食事ゆにわ」をオープン。身体に良い自然食品をベースに塩、水、米を厳選し、祈りを捧げながらごはんを作るという独自のスタイルと共に、そのライフスタイルが反響を呼びテレビやラジオに数多く出演。「ごはんを食べてたら開運できた!」と全国から予約が殺到している。また、食の講座なども行い、食事の大切さを説いている。 既刊に『いのちのごはん』『きずなのごはん』(共に青春出版)『運を呼び込む 神様ごはん』(サンクチュアリ出版)などがある。
(御食事ゆにわ、べじらーめんゆにわ、茶肆ゆにわ、社員食堂ゆにわは、グレイトティーチャー株式会社の飲食部門です。)

続きを読む

開運料理人ちこ

立春に誓いを立てよう。

2016.01.26 05:02:52

もう一月も終わりですね。

 

私自身としましては、二月に入るのが待ち遠しいところもあります。

そう、旧暦でいう新年を迎えれるからです。

この新年を迎えてこそ、本当の年明け・・・なんですよね。

 

17-036

 

 

二月四日ごろは、立春にあたります。

 

立春は、季節の年中行事の中でも、特別な日!

 

なぜなら、二十四節気(太陽と月の動きを基本にした太陰太陽暦)で、

一年を二十四に分けた最初。

 

すなわち、旧暦の元旦、一年のスタートになる日だからです。

 

旧暦は、自然の”気”の流れに対応しているので、

 

新暦よりも、精神、気持ち、感情に影響を与えやすい季節のサイクルなのです。

 

 

物事のすべては、「はじまり」が大事。

 

はじまりが、すべてを決定づけます。

(詳しくは、開運ごはんにて。)

 

 

私は立春になると、(正確には、その前から徐々に意識しています・・・。)

心をクリアにし、新たな一年の良いイメージを持ちながら誓いを立てます。

 

21-129

 

 

「本年も一年間、神様の御用にお使いください」とお祈りしたあと、

ごはんを食べる人の幸せな顔を思い浮かべます。

 

そして、この一年間で何を成し遂げたいのか、

どんな自分に成長したいのか、周りにどんな貢献ができるのかを(今)できうる限り、感じつくしておくのです。

(後日、色々と考えが出てくることがあっても、とにかく、はじまりが大事なので、

この日にどういうことを考えたり、感じておくのかが重要)

 

誘惑に負けてしまう弱い心、将来への漠然とした不安、変化への恐怖心などの心中の魔(ま)を滅し

 

悟性と理性のバランスをとって、まめまめしく働くスタートを切るのが立春なのです。

 

 

 

というわけで、

新年を迎える上で、パワーの源である、年越しそばならぬ、

年越し!ゆにわの開運恵方巻を作って、食べて、

良き一年のはじめを切りたいと思い、備えています。

02-015

 

節気ごとの食べ物など、

深く気にしたことがない方も気を向けて過ごしてみるだけでも、入ってくるものが違いますよ。^^

 

より理解しながら、季節のこうした行事に関わってみるともっともっと違いますけどね。^^

 

(その関わり方を食事から!と提案している本が

”神様とつながる 開運ごはん”http://gojigen.net/SHOP/kaiunngohan.htmlというわけ。)

 

関わり方もなんとなく閉ざしたまま、ではなく、

 

 

より自分に素直で、そう、開いた状態で、ね。

 

 

******

 

ゆにわの開運恵方巻きの詳しいことはこちらから^^

http://ameblo.jp/ticowasao82000/entry-12120646019.html

 

ゆにわ流メールマガジン

ゆにわ流ライフスタイルを日常で実践する秘訣や
最新情報を七十二候のサイクルでお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ちこ/開運料理人

御食事ゆにわ店長。17歳で人生の師と出会い、開眼。
「食を変えると人生が変わる」ことを会得し、「声なき声を聞き、香りなき香りを聞く」ゆにわ流を伝授される。
大阪府枚方市樟葉に「御食事ゆにわ」をオープン。
身体に良い自然食品をベースに塩、水、米を厳選し、祈りを捧げながらごはんを作るという独自のスタイルと共に、そのライフスタイルが反響を呼びテレビやラジオに数多く出演。 「ごはんを食べてたら開運できた!」と全国から予約が殺到している。
また、食の講座なども行い、食事の大切さを説いている。
既刊に『いのちのごはん』『きずなのごはん』(共に青春出版)『運を呼び込む 神様ごはん』(サンクチュアリ出版)などがある。
(御食事ゆにわ、べじらーめんゆにわ、茶肆ゆにわ、社員食堂ゆにわは、グレイトティーチャー株式会社の飲食部門です。)