ゆにわ流メールマガジン

お名前
メールアドレス

ゆにわ流ライフスタイルを日常で実践する秘訣をお届けします。

『ホナガと千原のヤギさんラジオ』第70回に開運料理人ちこが出演!収録音声ダウンロードはこちら

人気の記事

最新の記事

haco!イベント ~新嘗祭~

2016.12.01

ファッションブランド haco!さんのイベント第二弾

新嘗祭(にいなめさい)。

 



 



(haco!さんのHPより)

 

 

 

私自身、ファッションブランドのイベントって、

都内の綺麗なビルで、どちらかというと洋風なイメージの

きらびやかな”party”をイメージしていました。

 

 

しかし、私たちも参加させていただいた、

haco!さんは全く違うイベントを企画されていて

巫女の舞、正式参拝、おもちつき、紅葉ヨガ、

和菓子作り体験、可愛くなるきっかけを作るへアレンジ&ネイルなど、

日本のお祭りと今とをうまくミックスしているんですね。

 

 

↓当日のタイムテーブル



 

 

↓夏祭りの際もこんな感じ。



 

実際に、夏祭りに参加した際、

「こういうの、いいねぇ。」

ぽろっとそう言ってしまうくらい。

 

今回は、新嘗祭をされるというので

これはまた面白いことをされるんだな、と。

きっと多くの若い女性が新嘗祭というものに

馴染みがないはずですから。

 

(私ももともとはな~んにも知らず。教えてもらってからアンテナが立ったのです。)

 

でも、私たちのごはんは、新嘗祭あってのものなんです。

 

詳しくはこちらをどうぞ。http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161122-00010000-php_s-bus_all

 

ごはん=糖質、炭水化物、という見方しかないような現代に

ごはんの光を忘れてしまうことがどれほど日本人の精神にとって

大変なことか。

 

極端に、ゼロにする必要ってあるんでしょうか?

ありがたく少しでも感謝していただき続けることで

どれほど精神が整うか。

 

 

 

・・・

 

・・・

 

 

・・・とはいえ、私自身がそうでしたからね。(おーい!)

 

 

ごはん、嫌い、

おかずだけ、食べる。

なんて10代は平気でしていました。(ごめんなさい!)

 

 

 

それなりに痩せてはいましたが

精神的には不安定な状態でしたね。

感情の起伏も激しいですし(隠していましたが)

何が大切なのか、何が幸せなのか、

迷った生き方をしていました。

 

当然、食材に対して、ごはんに対して、

感謝するような生き方もしていません。

 

そんな私ですから、

自分ではない、誰かのために

祈っている方の存在すら気がついていませんでした。

 

自分のことで精いっぱい。

かといって、よくなることもなく、ずるずるずる。

 

 

一日に1回~3回ほど、

食事で開運するチャンスがあるにも関わらず

すべてスルーしてきたようなものだと今は痛感しています。

 

”炭水化物”といった物質的な見方をするだけで

ごはんのエネルギーは下がります。

(カロリーのことじゃないよ。詳しくは、ごはんのひみつで!)

 

食材も生きています。そう、食材(ごはん)そのものから

す~っと元気がなくなるのです。

 

そんなごはんを食べたところで確かに元気にはなりません。

それでは確かに栄養素・炭水化物です。

 

 

いつも元気のないごはんを元気のない自分が食べている。

 

果たして誰が元気になるのだろう。

 

そんなことの繰り返しではいくら栄養素はとれていても

まったく心は潤いません。

 

 

心が潤い、

精神が強くなると

 

仕事や勉強、友人関係、結婚、子育て・・

すべてに影響します。

 

むしろ、今までうまくいかなかったことの原因が

よくわかるようになります。

それくらい、心の状態、精神の強さは生き方に影響しています。

 

私自身は大嫌いだったごはんで

人生が変わるきっかけをいただきました。

それを作ってくれた先生がいて

ひかり輝くごはんがあって

すっかり食べ方から生き方まで変わりました。

 

本やお店の存在によって、

食べること、生きることへ

少しでも考えるきっかけになっていただけたらと思い、

活動しています。

 

 

 

と、話を戻して・・・

 

今回は、御食事ゆにわで

お弁当を作らせていただいて、haco!スタッフさんにお渡し、

上賀茂神社で配っていただきました。

 

 

しかし、当日もいろんなハプニングがあり

時間もかつかつ。

受け取りに来られたスタッフさんに

「ごめんなさい!一緒に梱包手伝ってくれませんか?」

という私。^^;「いいですよ!喜んで!」と明るい返事をいただき、

ゆにわのスタッフと一緒にhaco!スタッフさんもせっせと梱包しました。

 

 

 

こーちらっ!



ふふふ♡

 

流れ作業でゴムをつけていく作業などにも混じってもらい

みんなで協力して急ぎ足で仕上げることができました。

 

 

お手伝いしていただいたお二人!ありがとうございました!

 



 

 

 

完成したお弁当の中身。

今回のお弁当も保存料や添加物を使っていないゆにわ手作りの料理を詰めています。



ごぼうのハンバーグは照り焼き味。

雷豆腐、味つけ卵、大学芋などおばんざいもいっぱい。

もちろん、ごはんが美味しく食べられることが最も大切な一日ですから

新嘗祭からイメージして、白米と玄米、両方を詰めました。

 

 

 

 

 

haco!さんから届いた写真はこちら。

みなさん紅葉を見ながら食べていただけたよう。





 

写真を見ていて、

 

ファッションへを通して、

心が潤う時間ができるきっかけ作りなんだな~

 

そんな風に感じました。

 

 

どんなにおしゃれをしても

心が萎えていたら、やっぱり決まりませんよね。

 

表面的な装いだけではなく、

内側から溢れるもの、精神性が

ファッションをさらに引き立ててくれるのだと

思います。

 

そういう人って、

ばちっと決まるんじゃないかな。

 

 

 

食はそういった内側から溢れるものを作ってくれる、

私はそう感じています。

 

haco!さん

素敵な企画をありがとうございました。^^

お弁当を食べてくださった参加者のみなさん、

ありがとうございました。^^



 

**********************

 

ゆにわの開運おせちはこちら!http://uni-wa.com/osechi/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Tico

ちこ/開運料理人

御食事ゆにわ店長。
17歳で人生の師と出会い、開眼。
「食を変えると人生が変わる」ことを会得し、「声なき声を聞き、香りなき香りを聞く」ゆにわ流を伝授される。
大阪府枚方市樟葉に「御食事ゆにわ」をオープン。身体に良い自然食品をベースに塩、水、米を厳選し、祈りを捧げながらごはんを作るという独自のスタイルと共に、そのライフスタイルが反響を呼びテレビやラジオに数多く出演。「ごはんを食べてたら開運できた!」と全国から予約が殺到している。また、食の講座なども行い、食事の大切さを説いている。 既刊に『いのちのごはん』『きずなのごはん』(共に青春出版)『運を呼び込む 神様ごはん』(サンクチュアリ出版)などがある。
(御食事ゆにわ、べじらーめんゆにわ、茶肆ゆにわ、社員食堂ゆにわは、グレイトティーチャー株式会社の飲食部門です。)

続きを読む

開運料理人ちこ

haco!イベント ~新嘗祭~

2016.12.01 07:21:19

ファッションブランド haco!さんのイベント第二弾

新嘗祭(にいなめさい)。

 



 



(haco!さんのHPより)

 

 

 

私自身、ファッションブランドのイベントって、

都内の綺麗なビルで、どちらかというと洋風なイメージの

きらびやかな”party”をイメージしていました。

 

 

しかし、私たちも参加させていただいた、

haco!さんは全く違うイベントを企画されていて

巫女の舞、正式参拝、おもちつき、紅葉ヨガ、

和菓子作り体験、可愛くなるきっかけを作るへアレンジ&ネイルなど、

日本のお祭りと今とをうまくミックスしているんですね。

 

 

↓当日のタイムテーブル



 

 

↓夏祭りの際もこんな感じ。



 

実際に、夏祭りに参加した際、

「こういうの、いいねぇ。」

ぽろっとそう言ってしまうくらい。

 

今回は、新嘗祭をされるというので

これはまた面白いことをされるんだな、と。

きっと多くの若い女性が新嘗祭というものに

馴染みがないはずですから。

 

(私ももともとはな~んにも知らず。教えてもらってからアンテナが立ったのです。)

 

でも、私たちのごはんは、新嘗祭あってのものなんです。

 

詳しくはこちらをどうぞ。http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161122-00010000-php_s-bus_all

 

ごはん=糖質、炭水化物、という見方しかないような現代に

ごはんの光を忘れてしまうことがどれほど日本人の精神にとって

大変なことか。

 

極端に、ゼロにする必要ってあるんでしょうか?

ありがたく少しでも感謝していただき続けることで

どれほど精神が整うか。

 

 

 

・・・

 

・・・

 

 

・・・とはいえ、私自身がそうでしたからね。(おーい!)

 

 

ごはん、嫌い、

おかずだけ、食べる。

なんて10代は平気でしていました。(ごめんなさい!)

 

 

 

それなりに痩せてはいましたが

精神的には不安定な状態でしたね。

感情の起伏も激しいですし(隠していましたが)

何が大切なのか、何が幸せなのか、

迷った生き方をしていました。

 

当然、食材に対して、ごはんに対して、

感謝するような生き方もしていません。

 

そんな私ですから、

自分ではない、誰かのために

祈っている方の存在すら気がついていませんでした。

 

自分のことで精いっぱい。

かといって、よくなることもなく、ずるずるずる。

 

 

一日に1回~3回ほど、

食事で開運するチャンスがあるにも関わらず

すべてスルーしてきたようなものだと今は痛感しています。

 

”炭水化物”といった物質的な見方をするだけで

ごはんのエネルギーは下がります。

(カロリーのことじゃないよ。詳しくは、ごはんのひみつで!)

 

食材も生きています。そう、食材(ごはん)そのものから

す~っと元気がなくなるのです。

 

そんなごはんを食べたところで確かに元気にはなりません。

それでは確かに栄養素・炭水化物です。

 

 

いつも元気のないごはんを元気のない自分が食べている。

 

果たして誰が元気になるのだろう。

 

そんなことの繰り返しではいくら栄養素はとれていても

まったく心は潤いません。

 

 

心が潤い、

精神が強くなると

 

仕事や勉強、友人関係、結婚、子育て・・

すべてに影響します。

 

むしろ、今までうまくいかなかったことの原因が

よくわかるようになります。

それくらい、心の状態、精神の強さは生き方に影響しています。

 

私自身は大嫌いだったごはんで

人生が変わるきっかけをいただきました。

それを作ってくれた先生がいて

ひかり輝くごはんがあって

すっかり食べ方から生き方まで変わりました。

 

本やお店の存在によって、

食べること、生きることへ

少しでも考えるきっかけになっていただけたらと思い、

活動しています。

 

 

 

と、話を戻して・・・

 

今回は、御食事ゆにわで

お弁当を作らせていただいて、haco!スタッフさんにお渡し、

上賀茂神社で配っていただきました。

 

 

しかし、当日もいろんなハプニングがあり

時間もかつかつ。

受け取りに来られたスタッフさんに

「ごめんなさい!一緒に梱包手伝ってくれませんか?」

という私。^^;「いいですよ!喜んで!」と明るい返事をいただき、

ゆにわのスタッフと一緒にhaco!スタッフさんもせっせと梱包しました。

 

 

 

こーちらっ!



ふふふ♡

 

流れ作業でゴムをつけていく作業などにも混じってもらい

みんなで協力して急ぎ足で仕上げることができました。

 

 

お手伝いしていただいたお二人!ありがとうございました!

 



 

 

 

完成したお弁当の中身。

今回のお弁当も保存料や添加物を使っていないゆにわ手作りの料理を詰めています。



ごぼうのハンバーグは照り焼き味。

雷豆腐、味つけ卵、大学芋などおばんざいもいっぱい。

もちろん、ごはんが美味しく食べられることが最も大切な一日ですから

新嘗祭からイメージして、白米と玄米、両方を詰めました。

 

 

 

 

 

haco!さんから届いた写真はこちら。

みなさん紅葉を見ながら食べていただけたよう。





 

写真を見ていて、

 

ファッションへを通して、

心が潤う時間ができるきっかけ作りなんだな~

 

そんな風に感じました。

 

 

どんなにおしゃれをしても

心が萎えていたら、やっぱり決まりませんよね。

 

表面的な装いだけではなく、

内側から溢れるもの、精神性が

ファッションをさらに引き立ててくれるのだと

思います。

 

そういう人って、

ばちっと決まるんじゃないかな。

 

 

 

食はそういった内側から溢れるものを作ってくれる、

私はそう感じています。

 

haco!さん

素敵な企画をありがとうございました。^^

お弁当を食べてくださった参加者のみなさん、

ありがとうございました。^^



 

**********************

 

ゆにわの開運おせちはこちら!http://uni-wa.com/osechi/

 

ゆにわ流メールマガジン

ゆにわ流ライフスタイルを日常で実践する秘訣や
最新情報を七十二候のサイクルでお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ちこ/開運料理人

御食事ゆにわ店長。17歳で人生の師と出会い、開眼。
「食を変えると人生が変わる」ことを会得し、「声なき声を聞き、香りなき香りを聞く」ゆにわ流を伝授される。
大阪府枚方市樟葉に「御食事ゆにわ」をオープン。
身体に良い自然食品をベースに塩、水、米を厳選し、祈りを捧げながらごはんを作るという独自のスタイルと共に、そのライフスタイルが反響を呼びテレビやラジオに数多く出演。 「ごはんを食べてたら開運できた!」と全国から予約が殺到している。
また、食の講座なども行い、食事の大切さを説いている。
既刊に『いのちのごはん』『きずなのごはん』(共に青春出版)『運を呼び込む 神様ごはん』(サンクチュアリ出版)などがある。
(御食事ゆにわ、べじらーめんゆにわ、茶肆ゆにわ、社員食堂ゆにわは、グレイトティーチャー株式会社の飲食部門です。)