ゆにわ流メールマガジン

お名前
メールアドレス

ゆにわ流ライフスタイルを日常で実践する秘訣をお届けします。

『ホナガと千原のヤギさんラジオ』第70回に開運料理人ちこが出演!収録音声ダウンロードはこちら

人気の記事

最新の記事

”ほんもの”健幸フォーラムから、神様ごはんスクールへ。

2017.02.13

ゆにわのちこです。

 

 



 

2月11日、”ほんもの”健幸フォーラム、参加させていただきました。@秋葉原

 

お越しくださった皆様、
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

今回は、かれこれ10年前のゆにわ立ち上げの時からお世話になっている佐野さんが代表のフォーラムです。

 



 

 

講演会の後は、質疑応答の時間をいただき、

 

みなさんのご質問がまたいい質問でね。ありがたくお答えさせていただきました。

 

そして、急遽、佐野さんとの対談まで!

 

佐野さんの味わいのある声がこんなに近くで聴けました。(照)

私たちの変化を知ってくださっている佐野さんだからこそ、のご紹介、お話をいただき、本当に光栄でした。

ありがとうございました。

 



 

サイン会では、おひとりおひとりの声を聴けて、

このブログを見て、申し込んだという方も沢山いらしてました。(ありがとうございます!)

 





今回のテーマは『運を呼び込む開運ごはん』ということでしたので

もちろん、ごはんの力を感じていただけるようにお話しましたが

裏のテーマをいつも用意しています。

 

今回は「自意識さよなら」

 

すこーし、ここで書かせていただくと、

 

自分のことばっかり考えてものごとを見たり考えたりしていたら

勝手に誤解をして、勝手に落ち込んで、勝手に人を裏切って、自分を裏切ってしまう・・・

 

次の幸せ探しばかりに気が行って、こころはいつもここにない。

 

自分に軸がないと、そういう悪循環な渦に巻き込まれていますよ、と。

(私は巻き込まれて、ぼろっぼろになりました。

 

開運どころか、運気も生命力も本当になかったんです。汗)

 

 

 

いつも人の幸せを祈るように生きていたら

おのずと自分のことは客観的に見えてきますし

自分だけの狭いフィールドの幸せがあっけなく感じます。

 

そう、ばかばかしく見えてくるのです。

 

 

 

 

ゆにわの周りに集まってきている人も口をそろえていいます。

 

「なんで、あんなことを得るために、必死だったんだろう。(笑)」

「そういえば、あのときは幸せの絶頂のように感じたことが

全く違った。レベルの低い幸せだった。ああ~、気づけてよかった。」

 

 

そういう”狭い箱”の中にいても、

誰かを幸せにできるようなごはん、開運ごはんは作れないものです。

 

 

自分のことを大切にせずに人のために生きろ

 

ということではありません。

 

自己犠牲を推奨しているのではありません。

 

 

むしろ逆。

 

さっさと自分を大切にして、からだとこころが健康であるのはもちろん、

そこから誰かのために、その元気や体力やお金や会話・・・もろもろ

自分がもっているものを最大限に活用すればいいのです。

 

 

それが、自分が健康になるまで、自分が幸せになるまで、自分が・・・・

 

ということ”自分だけ”を優先していたら、

 

あっという間に人生は終わります。

 

 

自分をないがしろ、ではなく、

ひかりいっぱいの美味しいごはんを食べながら、

誰かの幸せを心から祈るような生き方をする。

 

私は、それを料理の舞台で機会をいただいているという気持ちです。

 

 

 

*******************

 

 

またの機会があれば

その時の裏テーマを含んでお話させていただきたいと思います。

 

といっても、自意識については、何日でもお話できるくらいの壮大なテーマですし、

 

なによりごはんの力についても直接食べていただける場のほうが一番です。

 

もっとお話ししたい。もっと体感してもらいたい。

 

そういった思いがさらに高まっています。

 

 

 

・・・この熱い思いは

 

4月からの半年間講座の【神様ごはんスクール】で大いに反映したいと思います。

 



 

 

こちら、申し込みも開始しました。すでに、ゆにわ塾の会員さんに案内をしていますので、順次残数が少なくなっていきます。

気になる方はおはやめに!

 

(ふだんは、お店に立っていますので、基本的にはお話・実習の機会は、

この半年間講座 神様ごはんスクールをメインにしています)

 

********************

 

でね。

 

今年は、さらにバージョンアップします!

 

講座のみなさんとで、

一緒に白山に行こうという計画もしました。

 

私を含め、北極老人(塾長)の弟子である、羽賀さん、万福さん、古閑さん、小田さん、の講座が一同に会して合同で神社参拝をして、運気を高めていこうという合宿です。(わくわくしますね~)

もちろん、

神社参拝の仕方もきちんとお伝えします。

(あるんですよ。やったらいいこと、心掛け、反対に、やってはいけないことというか意味がないこと等)

 

 

 

詳細とお申し込みはこちら。

半年講座 「神様ごはんスクール」
 http://hokkyoku-ryu.com/seminar/half-year/kamigoha.php

 

みなさまにお会いでき、また一緒にステージアップできる機会を楽しみにしております。

 

 

最後は、

 

開運ごはんの神宮館木村さん、ちこ、青春出版の手島さん、フォーラムでお世話してくださった坂部さん、小田さんで。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Tico

ちこ/開運料理人

御食事ゆにわ店長。
17歳で人生の師と出会い、開眼。
「食を変えると人生が変わる」ことを会得し、「声なき声を聞き、香りなき香りを聞く」ゆにわ流を伝授される。
大阪府枚方市樟葉に「御食事ゆにわ」をオープン。身体に良い自然食品をベースに塩、水、米を厳選し、祈りを捧げながらごはんを作るという独自のスタイルと共に、そのライフスタイルが反響を呼びテレビやラジオに数多く出演。「ごはんを食べてたら開運できた!」と全国から予約が殺到している。また、食の講座なども行い、食事の大切さを説いている。 既刊に『いのちのごはん』『きずなのごはん』(共に青春出版)『運を呼び込む 神様ごはん』(サンクチュアリ出版)などがある。
(御食事ゆにわ、べじらーめんゆにわ、茶肆ゆにわ、社員食堂ゆにわは、グレイトティーチャー株式会社の飲食部門です。)

続きを読む

開運料理人ちこ

”ほんもの”健幸フォーラムから、神様ごはんスクールへ。

2017.02.13 04:40:35

ゆにわのちこです。

 

 



 

2月11日、”ほんもの”健幸フォーラム、参加させていただきました。@秋葉原

 

お越しくださった皆様、
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

今回は、かれこれ10年前のゆにわ立ち上げの時からお世話になっている佐野さんが代表のフォーラムです。

 



 

 

講演会の後は、質疑応答の時間をいただき、

 

みなさんのご質問がまたいい質問でね。ありがたくお答えさせていただきました。

 

そして、急遽、佐野さんとの対談まで!

 

佐野さんの味わいのある声がこんなに近くで聴けました。(照)

私たちの変化を知ってくださっている佐野さんだからこそ、のご紹介、お話をいただき、本当に光栄でした。

ありがとうございました。

 



 

サイン会では、おひとりおひとりの声を聴けて、

このブログを見て、申し込んだという方も沢山いらしてました。(ありがとうございます!)

 





今回のテーマは『運を呼び込む開運ごはん』ということでしたので

もちろん、ごはんの力を感じていただけるようにお話しましたが

裏のテーマをいつも用意しています。

 

今回は「自意識さよなら」

 

すこーし、ここで書かせていただくと、

 

自分のことばっかり考えてものごとを見たり考えたりしていたら

勝手に誤解をして、勝手に落ち込んで、勝手に人を裏切って、自分を裏切ってしまう・・・

 

次の幸せ探しばかりに気が行って、こころはいつもここにない。

 

自分に軸がないと、そういう悪循環な渦に巻き込まれていますよ、と。

(私は巻き込まれて、ぼろっぼろになりました。

 

開運どころか、運気も生命力も本当になかったんです。汗)

 

 

 

いつも人の幸せを祈るように生きていたら

おのずと自分のことは客観的に見えてきますし

自分だけの狭いフィールドの幸せがあっけなく感じます。

 

そう、ばかばかしく見えてくるのです。

 

 

 

 

ゆにわの周りに集まってきている人も口をそろえていいます。

 

「なんで、あんなことを得るために、必死だったんだろう。(笑)」

「そういえば、あのときは幸せの絶頂のように感じたことが

全く違った。レベルの低い幸せだった。ああ~、気づけてよかった。」

 

 

そういう”狭い箱”の中にいても、

誰かを幸せにできるようなごはん、開運ごはんは作れないものです。

 

 

自分のことを大切にせずに人のために生きろ

 

ということではありません。

 

自己犠牲を推奨しているのではありません。

 

 

むしろ逆。

 

さっさと自分を大切にして、からだとこころが健康であるのはもちろん、

そこから誰かのために、その元気や体力やお金や会話・・・もろもろ

自分がもっているものを最大限に活用すればいいのです。

 

 

それが、自分が健康になるまで、自分が幸せになるまで、自分が・・・・

 

ということ”自分だけ”を優先していたら、

 

あっという間に人生は終わります。

 

 

自分をないがしろ、ではなく、

ひかりいっぱいの美味しいごはんを食べながら、

誰かの幸せを心から祈るような生き方をする。

 

私は、それを料理の舞台で機会をいただいているという気持ちです。

 

 

 

*******************

 

 

またの機会があれば

その時の裏テーマを含んでお話させていただきたいと思います。

 

といっても、自意識については、何日でもお話できるくらいの壮大なテーマですし、

 

なによりごはんの力についても直接食べていただける場のほうが一番です。

 

もっとお話ししたい。もっと体感してもらいたい。

 

そういった思いがさらに高まっています。

 

 

 

・・・この熱い思いは

 

4月からの半年間講座の【神様ごはんスクール】で大いに反映したいと思います。

 



 

 

こちら、申し込みも開始しました。すでに、ゆにわ塾の会員さんに案内をしていますので、順次残数が少なくなっていきます。

気になる方はおはやめに!

 

(ふだんは、お店に立っていますので、基本的にはお話・実習の機会は、

この半年間講座 神様ごはんスクールをメインにしています)

 

********************

 

でね。

 

今年は、さらにバージョンアップします!

 

講座のみなさんとで、

一緒に白山に行こうという計画もしました。

 

私を含め、北極老人(塾長)の弟子である、羽賀さん、万福さん、古閑さん、小田さん、の講座が一同に会して合同で神社参拝をして、運気を高めていこうという合宿です。(わくわくしますね~)

もちろん、

神社参拝の仕方もきちんとお伝えします。

(あるんですよ。やったらいいこと、心掛け、反対に、やってはいけないことというか意味がないこと等)

 

 

 

詳細とお申し込みはこちら。

半年講座 「神様ごはんスクール」
 http://hokkyoku-ryu.com/seminar/half-year/kamigoha.php

 

みなさまにお会いでき、また一緒にステージアップできる機会を楽しみにしております。

 

 

最後は、

 

開運ごはんの神宮館木村さん、ちこ、青春出版の手島さん、フォーラムでお世話してくださった坂部さん、小田さんで。

 

 

 

 

ゆにわ流メールマガジン

ゆにわ流ライフスタイルを日常で実践する秘訣や
最新情報を七十二候のサイクルでお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ちこ/開運料理人

御食事ゆにわ店長。17歳で人生の師と出会い、開眼。
「食を変えると人生が変わる」ことを会得し、「声なき声を聞き、香りなき香りを聞く」ゆにわ流を伝授される。
大阪府枚方市樟葉に「御食事ゆにわ」をオープン。
身体に良い自然食品をベースに塩、水、米を厳選し、祈りを捧げながらごはんを作るという独自のスタイルと共に、そのライフスタイルが反響を呼びテレビやラジオに数多く出演。 「ごはんを食べてたら開運できた!」と全国から予約が殺到している。
また、食の講座なども行い、食事の大切さを説いている。
既刊に『いのちのごはん』『きずなのごはん』(共に青春出版)『運を呼び込む 神様ごはん』(サンクチュアリ出版)などがある。
(御食事ゆにわ、べじらーめんゆにわ、茶肆ゆにわ、社員食堂ゆにわは、グレイトティーチャー株式会社の飲食部門です。)